コトリ式

映画『ぼくらのよあけ』を観た

映画になった『ぼくらのよあけ』を観てきた。原作よりもジュブナイル風味が強めになっていた印象。親たちはあくまで子供たちのサポート役にまわっていて、それもまたありだなと思えた。あといじめ(「クラスの敵」とか)の様子の描写も控えめだったかな。本編の筋を際立たせて、わかりやすく伝えるためにはよかったのでは。原作を読んでからもう随分経つけど、あらためてよい作品でよい脚本だなあと思った。映像もとてもきれいで、すごーくよかった。


今日作った夕飯 🍚

  • ごはん
  • 塩サバの焼いたの
  • 豚バラ肉と大根の煮たの
  • ホウレンソウの胡麻和え
  • 豆腐とエノキダケと油揚げとワカメと葱の味噌汁
投稿日